車検業者が行なう取り組み│お客さんが得するサービスを探す

撮影される視界

カーナビ

Gセンサー録画とは

交通事故などの証拠として利用できるのがドライブレコーダーです。いろんなタイプのレコーダーが販売されていますが、G(加速度)センサー録画の機能がついているものが多いです。この機能は、大きな加速度の変化があったとき常時録画の上書き録画をロックするシステムです。事故を起こすと多くの場合、急ブレーキや衝突などで加速度が大きな変化をもたらすためです。常時録画とは数分単位で録画の上書きをするものです。でも、事故が起こった後も上書きされてしまったら、せっかく撮影した決定的な証拠映像も消えてしまいます。それを防ぐためのGセンサー録画というわけです。きちんと録画データを確保できれば、裁判や保険などでもドライバーの強い味方となってくれます。

設置する高さが大切

せっかく決定的な証拠を撮れるドライブレコーダーを手に入れても、それを設置する場所が悪ければ元も子もありません。ハンドルに近い位置に設置しているドライバーがいますが、その高さではボンネットがあるため地面が映せず意味がありません。地面の状況が事故の究明に大きく関わることがあるためです。そのため、ドライブレコーダーはバックミラーの高さに設置するのが理想的です。その高さならば、事故の究明に繋がる映像を撮りやすくなります。このように設置する場所によって撮影できる視界が大きく違います。また、ドライブレコーダーの製品によっては、取り付けられる場所が限られています。その辺も留意しながら製品を選ぶようにすることが大切です。

Copyright © 2016 車検業者が行なう取り組み│お客さんが得するサービスを探す All Rights Reserved.